インディゴチルドレンの使命と生き方

もしかすると、あなたは自分や自分の身近な人や大切な人が「インディゴチルドレンなのではないか?」と思っているのではないですか?
そして、「インディゴチルドレンとは一体何なのか?」と疑問に思っているのではないでしょうか?

インディゴチルドレンというのは、1970年代の後半以降にこの世に生を受けたインディゴカラー(深い藍色)の魂を持っている人やグループのことを「インディゴチルドレン」と呼んでいます。

インディゴチルドレンと呼ばれる人のグループの役割は、地球の波動上昇を手伝っていくという役割のために地上に降り立ちました。

ですが、自らのことをインディゴチルドレンだと認識している人の数はとても少数で、自分の本来担うべき役割のことを思い出すことができないでいます。

そのような人々は、社会での実生活に思うように適応することが出来ず、変わり者だと思われたり、周りの人間に自分のことを理解してもらえず、辛い思いをすることがとても多くあります。

その中で、自らのインディゴチルドレンとしての役割を思い出し、自分らしく生きていく、そして自分のインディゴチルドレンとしての本来の生き方を営んでいくことはとても難しいことです。

ですから本来のインディゴチルドレンとしての役割を思い出すためにも、まずは自分がインディゴチルドレンなのか確認をしていくことが大切になります。

そして、自分自身の運命を感じ、これからのインディゴチルドレンとしての人生を歩む方法を見つけていきましょう。

インディゴチルドレンの特徴

自分がインディゴチルドレンかどうか認識している人の数はそれほど多くはあります。

ほとんどの人が自分がインディゴチルドレンとしての自覚がなく、毎日を暮らしています。

ですが、インディゴチルドレンの特徴を知ることで、自分がインディゴチルドレンかどうかを知る、つまり自分自身を知る手がかりになります。

ここでは大きく分けて3つ種類の特徴に分けて解説をしていきます。

⇒幼い頃にみられるインディゴチルドレンの特徴

⇒性格や考え方、日常におけるインディゴチルドレンの特徴

⇒才能や能力、仕事などにおけるインディゴチルドレンの特徴



ページトップに戻る