インディゴチルドレンとは?

インディゴチルドレンというのは、1970年代の後半以降にこの世に生を受けたインディゴカラー(深い藍色)の魂を持っている人やグループのことを「インディゴチルドレン」と呼んでいます。



インディゴチルドレンと呼ばれる人のグループの役割は、地球の波動上昇を手伝っていくという役割のために地上に降り立ちました。

ですが、自らのことをインディゴチルドレンだと認識している人の数はとても少数で、自分の本来担うべき役割のことを思い出すことができないでいます。

そのような人々は、社会での実生活に思うように適応することが出来ず、変わり者だと思われたり、周りの人間に自分のことを理解してもらえず、辛い思いをすることがとても多くあります。

その中で、自らのインディゴチルドレンとしての役割を思い出し、自分らしく生きていく、そして自分のインディゴチルドレンとしての本来の生き方を営んでいくことはとても難しいことです。

まずは、自分がインディゴチルドレンだと自覚をすること。

それが、インディゴチルドレンとして生きていくための最初のステップになります。

そのためにも、まずはインディゴチルドレンというのはどのような特徴があるのかを知る必要があります。


インディゴチルドレンの特徴

自分がインディゴチルドレンだと自覚するためには、まずインディゴチルドレンにはどのような特徴があるのかを知るべきです。



ここでは、インディゴチルドレンによくある特徴を簡単ではありますがまとめて載せてあります。

自分の今の状態と照らし合わせて見た時に、思い当たる部分が5個以上あるとインディゴチルドレンの可能性が高くなります。

・1970年代後半以降に生まれている
・子供の頃から色々なことに敏感
・1つのことに没頭することができる
・年齢よりも大人に見られることがある
・必要のないことには興味がわかない
・集団行動が苦手
・納得しないことには従わない
・他人にとてもに共感してしまう
・原因の分からないことで体調を崩しやすい
・自分は他人と違うと強く感じることがある
・自分の考えがはっきりしている
・純粋である
・自己評価を低く認識しやすい
・常に自分は何者なのかと考えてしまう
・狭く深い人間関係の方が落ち着く
・自分だけの世界観がある
・世間との違和感がある
・考えすぎることが多い
・やりたいことはとても頑張る
・人見知りある
・芸術的な分野で才能がある
・直感が働くことが多い
・電話がくる前に誰からか分かる、感じることがある
・人の考えていることが分かることがある
・オーラが見える
・耳鳴りに悩まされている
・よく体調を崩す
・実力が重要だと考えている
・人ごみが苦手
・波乱万丈な人生を送っている
・睡眠障害がある
・嘘や不快感に気づきにくい
・古い考え方に反発を覚える
・自分にしかできない仕事にやりがいを感じる


いかがでしたでしょうか?

思い当たることが5つ以上あるようなら、あなたはインディゴチルドレン、またはインディゴチルドレンの素質を持って生まれてきている可能性があります。

インディゴチルドレンとして生まれてきているのであれば、インディゴチルドレンとしての生き方を学ぶ必要があります。

なぜならば、インディゴチルドレンとしての生き方を学ぶことで、今の生き辛さから開放され、本来の自分を取り戻すことが出来るからです。



では、インディゴチルドレンとしての生き方を学ぶためには、どうすべきなのでしょうか?

それを知ることが、あなたが今抱えている生き辛さというものから解放され、自分らしい生き方が出来るようになる第一歩になります。


インディゴチルドレンの生き方を学ぶ

インディゴチルドレンとしての生き方を学ぶためには、インディゴチルドレンを専門に研究している方から情報を得ることが非常に大切になります。

ここまで読んで頂いたあなたは分かっていると思いますが、自分が今思い悩んでいることに対して真剣に答えを出し、導いてくれた方はいなかったのではないですか?

なぜなら、インディゴチルドレンに関しては、ほとんど理解されていない、研究も進んでいないのが実情です。

そんな中で、「ハイパーコンサルティングジャパン」の須藤裕司先生の情報というのは、あなたが悩んでいることに対して温かい手を差し伸べてくれるものなのです。



今のまま悩み続けるのは、もうやめましょう。

生きるということは、もっと温かく幸せなものなのです。

そのためにも、自分がインディゴチルドレンかもしれないという思いを持っている、もしくは自分がインディゴチルドレンだという自覚があるのであれば、そのための生き方を学びましょう。

そうすることで、あなたの明日はもっと光り輝くはずです。

最後に、須藤裕司先生のネット書籍を紹介しておきます。

もし、もう悩むことをやめてもっと生きやすい生き方を求めているのであれば、一度は読んでおくべきものだと思いますよ。

⇒須藤裕司先生のネット書籍はこちら



ページトップに戻る