インディゴチルドレンの外見の特徴

特別な能力やオーラを持って生まれてきているインディゴチルドレンは、パッと見た外見の印象でも判断することが出来る場合があります。

その時に注意して見たいポイントは、「目」です。



インディゴブルーと言われる深い藍色から名前を取られているインディゴチルドレンは、澄んでいて青みがかった瞳をしていることがあります。

特に、幼い子供の場合は、とても純粋で吸い込まれるような美しい瞳をしています。

幼い子供だけでなく、大人のインディゴチルドレンにも似たような瞳をしている人がたくさん見受けられますので、外見でインディゴチルドレンかどうかを判断したい場合は、瞳の色と純粋さなどの印象を元に判断していきます。

それ以外にも、実際にその人が纏っているオーラの色と雰囲気でも判断することが可能です。

インディゴチルドレンの人は、他人との関わりを持つことやコミュニケーションを取ることを苦手にしている人が多く、周囲の人間と関係をうまく築くことが出来ずに孤立してしまうこともよくあります。

そうしたインディゴチルドレンは、人と違った空気感やオーラを持っていることがありますが、これは外見のように目に見えるものではありません。

ですが、直感的に感じる人も多いので、直感的に「何か違うオーラを感じる」と思った人は、インディゴチルドレンの可能性があります。




外見から入ることも大切

インディゴチルドレンかどうかを判断するのは、外見の情報だけでは不十分です。

ですが、その人がインディゴチルドレンかどうかを判断していくためには、長い時間その人と関わっていくことが必要になります。

その人がインディゴチルドレンかどうかを判断して関わりを持っていくまでにどうしても時間がかかってしまい、その人にいらぬ気を使わせてしまうこともあります。

そのため、外見の印象からインディゴチルドレンかどうかを判断していくことは、インディゴチルドレンを理解していく入り口に立つには非常に大切なことです。

インディゴチルドレンかどうか気になる人がいるのなら、まずは瞳をチェックするようにしていきましょう。




ページトップに戻る