インディゴチルドレンがいじめに苦悩する訳

インディゴチルドレンの中には、子供の頃で学校で理不尽ないじめにあったなど、あまり思い出したくない経験をしたことのある人は多いです。



インディゴチルドレンというのは、とても気持ちが優しく温かく、そして曲がったことが嫌いで正義感の強い人が多いです。

ですが、間違った価値観や旧態依然の古い考え方や価値観には共感できず、反発をして変えようとしてしまう傾向があります。

学校という場所は、やはり時代の流れから少し隔離されている部分もあるので、特に部活動などは昔の古い考え方や価値観で運営されていることが多くあります。

これは、部活内のルールや上下関係なども同じです。

すると、インでんぃごチルドレンは昔の古い価値観を嫌い、新しく時代にあったものへと変化をさせようとするので、そこで周囲の人と喧嘩をしてしまったり、それがトラブルの原因になってしまったりするのです。

これは、年齢や力関係の上下関係に関係なく起こるので、そのせいでクラスや部活動で居場所を失ったりうまくいかなくなってしまったりするのです。

インディゴチルドレンにとっては古く価値のないものだと思っていても、周囲の人にとってはその環境に慣れてしまっているため居心地がいい。

そのギャップをなくそうとして行動した結果、クラスや部活、職場などで孤立してしまう。

つまり、周囲の状況にうまく適応することが出来ずに孤立してしまうことが、インディゴチルドレンのいじめによって苦悩の種になってしまっているのです。






ページトップに戻る