インディゴチルドレンの怒りについて

インディゴチルドレンは、普通の人に比べると「怒り」の感情を日常的に感じることが多いでしょう。

怒りの感情以外にも、

・体が何となくだるい
・何かに追い立てられているような感覚を感じる
・漠然とした不安に包まれる
・他人と意思疎通が難しいと感じる


といった感覚に襲われることがよくあります。

インディゴチルドレンというのは変革者の一面も持っていますので、他人と感覚や価値観などが違うため、こうした精神的に不安定な状態に陥ることがあります。

ただし、こうしたインディゴチルドレンの「怒り」という感情にも必ずその「原因」というものが存在しています。

その「原因」を知ることで、もっとインディゴチルドレンとして生きやすくなっていきます。




インディゴチルドレンの怒りの原因

インディゴチルドレンというのは、様々な矛盾を正しい方向へ導くための存在として地球に降り立った魂を持つ人のことです。



そして、その「変革」を起こすためのエネルギーとして使うのが「怒り」のエネルギーなのです。

怒りのエネルギーというのは、一般的にはマイナスのイメージがあります。

しかし、怒りのエネルギーというのは、使い方を変えることで強力なプラスのエネルギーへと変換されるのです。

だからこそ、インディゴチルドレンとして生まれた方は「変革者」としての役割を果たすことが可能になるのです。



ただ、この「怒り」のエネルギーをプラスのエネルギーに変換するというのは、中々に大変なことです。

怒りのエネルギーと言うのは、コントロールを間違えると自分自身を見失い、自分自身を壊してしまう可能性があるからです。

「怒りのエネルギー」をプラスに変換するためには、まず自分の怒りがどこに対して向いているのかを知ることから始めていきます。

それは、自分自身に対してかもしれないし、自分の周囲にいる人に対してかもしれないし、社会に対してかもしれません。

まずは、自分の怒りの原因を知ることが、怒りのエネルギーをプラスに変換するためのスタートになります。

そして、そのプロセスを経験していく中で、徐々に自分のインディゴチルドレンとしての使命を実感していくことになります。




ページトップに戻る