インディゴチルドレンには癒しが必要

インディゴチルドレンは、常に周りと自分との違いを意識しながら生きているので、精神的に疲弊していってしまうことがよくあります。

「インディゴチルドレンは怒りを持って社会を変えていく存在」のようなことがインターネット上には書いてあることが多いですが、実際には疲弊した魂からのサインによって怒りの感情を抱きやすくなってしまっているのです。

つまり、常に何かにいたてられるような感情を持っていたり、怒りを制御できないような状態になってしまっているとしたら、必要なことは自分の魂を癒す「癒しの時間」を持つことです。



癒しの時間は、別に何かをしなければいけないということではありません。

自分の好きな音楽を聴いたり、散歩に出かけたり、自分の魂が求める癒しを自分に与えてあげます。

そうすることで、疲弊した魂が癒され、本来のインディゴチルドレンとしての魂の輝きを取り戻していくのです。

また、もう1つ必要なことは、インディゴチルドレンとしての正しい知識を持つことです。

魂だけに任せてしまうと、実生活の中で生きにくさを感じることが多くなり、それがストレスとなって心をかき乱します。

そうならないためにも、インディゴチルドレンとしてどう生きていけばいいのか、その正しい知識に触れることは必要不可欠なのです。





ページトップに戻る