インディゴチルドレンが大人になった時の生き方

インディゴチルドレンの世代は、今30代から40代に多いと言われています。

大人になったインディゴチルドレンは、どのような生き方を選択しやすいのでしょうか?




1、自分に対して厳しい茨の道を選ぶ

通常、人間というのはいかに楽に生きるか、大変なことから目を背け逃げようとする、という生き方を選択します。

これは、人間の生き物としての本能からくる部分が大きいです。

ですが、インディゴチルドレンはそういう楽な生き方は選択をしません。

自分に対して、もっと厳しく辛い道を選びます。

なぜならば、そうして自分に負荷をかけることで無意識に自分を成長させようとするからです。


2、何か満たされないような気持ちを持ち続ける

これも、インディゴチルドレンによくある生き方です。

特に、まだ覚醒をしていないインディゴチルドレンの人には多く見られます。

なぜこのように満たされない感情を持ってしまうのかというと、自分の理想と現実のギャップを受け入れられていないために起こります。

理想と現実は、なかなか一致することはありません。

だから、そこで自分を責めるのではなく、時間をかけて理想と現実のギャップを埋めていくというスタンスで生きることが必要になるのです。


3、焦りの中で生きている

これも、理想と現実のギャップを強く感じすぎてしまう繊細なインディゴチルドレンに多く見られる傾向です。

自分の理想と現実が違うというのは、どうしても起こりえることです。

ですが、どんなに今の現実を理想に近づけようとしても、時間をかけないと変えていけない部分もあります。

だからこそ、使命を持って生まれてきたインディゴチルドレンには、落ち着いて自分の使命と向き合う時間を持ち、決して焦らずに生きていく選択が必要になります。














ページトップに戻る