インディゴチルドレンにとっての食事

インディゴチルドレンにとって、食事というのは非常に重要であり問題になる部分でもあります。

インディゴチルドレンというのは、普通の人と違って食事に対して一種独特な傾向を持っていたり注意していかないといけない部分というのがあります。

とても注意しないといけないというほどでもありませんが、それでも知識として知っておくだけでもインディゴチルドレンとして生きていく中で役に立ちます。



インディゴチルドレンはこだわりが強い

インディゴチルドレンと言うのは、何に対しても強いこだわりを持つ傾向があります。



それは、日々の生活だけではなく、食事の時に食べる食材や調理方法など、自分が口するもの全てに対してこだわりを持っている人が多いです。

ただ、少し気をつけてかないとインディゴチルドレンの人は、食べるものが偏食になってしまう傾向があります。

例えば、アイスが好きな人は毎日アイスを食べないと気がすまなくなってしまったり、ご飯の代わりにスナック菓子や自分の好きなものしか食べなくなってしまうんですね。

そのため、自分で意識していなくても偏食から体調を崩してしまう人も少なくありません。

目に見えて偏食が強くなってくると、やはり家族や自分の周りの人は心配を始めます。

食生活を変えようとしたり、食べ物の好みを変えようとします。

でも、インディゴチルドレンはとてもプライドが高く、頑固で強情な部分があるので、他人からの強制を嫌います。

だから、無理に食べるものの内容を変えようとされると、とても強く反発の心が生まれて一層偏食が進む可能性もありますので、注意が必要です。



インディゴチルドレンの食事の傾向

インディゴチルドレンの食事の傾向としては、

・自分の魂が求めている食材を無意識に選んでいる
・食べるという行為自体が面倒になってしまうことがある
・愛情のこもった食事を好む


傾向があります。

全体的に、インディゴチルドレンは体調管理が苦手な人が多いので、食事によって体調を崩してしまう人が多いです。

また、そもそも食事自体に興味がない場合もあるので、その場合は食事をすること自体が面倒に感じたり、食べることが苦痛に感じてしまう場合もあります。

ただ、魂だけの場合は食事は必要ありませんが、人として肉体を持って生まれてきている以上、食事を摂ることは生きていくうえで必要不可欠な行為です。

自分に合った食事の摂り方を模索していくことが、インディゴチルドレンには必要なのです。

また、どちらかというと、外食よりも家で家族が作ってくれた料理を好む傾向があります。

他人が作った愛情のこもっていない料理よりも、家族が作ってくれた愛情のこもった料理を好みます。

もし、今は偏食だったとしても、インディゴチルドレンは自然に自分の体に合った食べ物を探していく能力が備わっていますので安心してください。

それよりも、今は食べることを楽しむことが、インディゴチルドレンの食事の方法としては大切なことです。






ページトップに戻る