インディゴチルドレンがうつ病になる理由

インディゴチルドレンの人の中には、うつ病になってしまう人もいます。



なぜインディゴチルドレンがうつ病になってしまうのか?

それは、インディゴチルドレンが繊細で周囲の環境の影響を受けやすい、つまり高い感受性を持ち合わせていることが原因なっています。

普通の人が気にならないようなことでも、インディゴチルドレンの繊細な感性にはとても大きく気になることがあります。

そして、インディゴチルドレンには1つのことに集中しすぎてしまう特性もあります。

つまり、1つのことが気になり始めると、そこを長い時間非常に深く考えてしまうため、うつ病になってしまうことがあるのです。

これを防ぐたえには、まずは自分にはそういう特性があるということに気が付くことが必要になります。

そのうえで、どうやったらあまり気にせずに生活できるようになるのか、つまり自分の心や精神のコントロールを学んでいうことが必要になります。

インディゴチルドレンというのは、古い価値観を新しいものに変えていく、つまり変革者としての魂を持ってこの世に生まれてきています。

ですが、それをするためには、まずは自分の心や精神をコントロールして、自分自身をアセンションしていく必要があるのです。

まずは、自分自身の特性を知ることから始めましょう。

そして、自分の心と精神をコントロールすることで、うつ病になることを防ぐことができます。





ページトップに戻る