インディゴチルドレンか診断するポイント

自分がインディゴチルドレンかどうかを診断するためには、まず7個のポイントをチェックしていきます。



この中の5つ以上が当てはまる場合は、インディゴチルドレンの可能性があります。

1つずつ見ていってみましょう。




1、いわゆる超能力と言われるような能力があるかどうか?

1つめのチェックポイントは、超能力やサイキックといった能力があるかどうかです。
透視や予知などの能力、虫の知らせを感じ取りやすいかどうかもそれに当てはまります。


2、1人でいる時間が一番自分らしくいられると感じるか?

インディゴチルドレンは、他人と過ごす時間ではなく自分1人でいる時間を大切にする傾向があります。
1人いる時間や自然の中に身を置いた時、ペットなどの動物と一緒にいる時間が自分らしくいられると感じられるかもそれになります。


3、相手の嘘を見抜く力がありますか?

インディゴチルドレンは他人に対して敏感なところがあるため、他人が嘘をついているか、真実を語っているかを見抜く力に長けています。
話をしていて「本心で話していないな」と直感的に感じるのもインディゴチルドレンの能力の1つです。


4、人の周りにオーラのようなものが見えることがありますか?

人の周りにオーラのような光が見えることもインディゴチルドレンの要素の1つです。
よく言われるオーラの色などが見えていなくても、人の周りに光が見える場合は当てはあります。


5、今まであった価値観に違和感を感じる

インディゴチルドレンは、古い価値観や体制を変えようとする意識を強く持っています。
そのため、会社や学校、社会のシステムに対して不満を持つ傾向が強くあります。


6、洞察力が鋭い

インディゴチルドレンは他人に対して敏感なため、洞察力がとても鋭くなっています。
そのため、周囲の嘘にも敏感に気付いてしまい、周りとトラブルになってしまう傾向があります。


7、敏感すぎて生きづらいと感じている

インディゴチルドレンは周囲のエネルギーなどを敏感に感じ取るため、普段の生活に苦労をすることが多くあります。
他人のマイナスのエネルギーなども敏感に察知してしまうため、ストレスも多く行きづらさを感じてしまいます。


以上の7つの中で3つ以上の項目が当てはまるようなら、あなたはインディゴチルドレンの魂を持って生まれてきている可能性があります。

インディゴチルドレンには、インディゴチルドレンとしての生き方や考え方があり、それを知っていくことで感じている生きづらさが緩和していきます。

それでは、インディゴチルドレンとしての自覚を持ちながら生活していくためには何が必要なのでしょうか?



インディゴチルドレンとして生きるために

上記の診断をして「自分はインディゴチルドレンなのかもしれない」と思ったとしても、どう生きていくことがいいのか自分では分からないと思います。

周りに相談しようにも、このサイトを見ている時点で、周りにあなたの今抱えている悩みを理解してくれる人はいなかったのではないですか?

インディゴチルドレンかもしれないと思っているあなたに手を差し伸べてくれるのは、インディゴチルドレンのことを理解し、その生き方を研究している方だけです。


その先生の名前は、「ハイパーコンサルティングジャパン」の須藤裕司先生。

インディゴチルドレンのことを研究している第一人者の方です。

須藤先生の研究されている、インディゴチルドレンがどう生きていけばいいのか、そのため考え方や方法に触れることで、あなたは今よりももっと生きやすくなるはずです。

インディゴチルドレンというのは、一般社会ではまったく認知されていない存在です。

だからこそ、その専門家の情報や経験から得られた情報に触れる必要があるのです。

最後に、須藤先生の書かれているネット書籍を紹介しておきます。

インディゴチルドレンとして生きなければならないあなたにとって、きっと助けになるはずです。

⇒須藤裕司先生のネット書籍はこちら








ページトップに戻る