インディゴチルドレンの特徴

インディゴチルドレンかどうかの判断は、それほど難しいことではありません。

それは、インディゴチルドレンの特徴を知り、それと自分の性格などを比べることで、自分がインディゴチルドレンなのかどうかを判断できるようになります。



ここでは、インディゴチルドレンの中でも、特に特徴として強いものを載せておきます。

この中で5つ以上当てはなるものがあるならば、自分はインディゴチルドレンとしての素質を持って生まれてきている可能性が高いと考えてください。



インディゴチルドレンの特徴

インディゴチルドレンというのは、さまざまな特徴を備えているので、先ほどもお伝えした通り、インディゴチルドレンの特徴を知ることであなたがインディゴチルドレンかどうかを判断できるようになります。



インディゴチルドレンの特徴は細かく分類すると非常に多いですが、今回はその中でも特に特徴的な部分を20個紹介をします。


1、1970年代後半以降に生まれている
2、幼いの頃から色々なことに敏感
3、1つのことに集中するタイプ
4、大人びている
5、必要なことにしか興味がない
6、他人に合わせるのが苦手
7、納得しないことには従わない
8、他人のことに必要以上に共感してしまう
9、体調を崩しやすい
10、自分は他人と違うと強く感じることがある
11、芯が強い
12、気持ちがとてもピュア
13、自己評価が低い
14、常に自分探しをしている
15、人間関係は狭く深い方が心が安心する
16、自分だけの世界観がある
17、世間との違和感がある
18、考えすぎることが多い
19、責任感が強い
20、人見知りである


いかがでしょうか?

この中で5つ以上当てはまるものがあれば、あなたはインディゴチルドレンとしての魂を持って生まれてきている可能性が高いと考えてください。

インディゴチルドレンとしての特徴を知り、自分はインディゴチルドレンとしてこの世に生まれてきたのかもしれないと自覚をすること。

これが、インディゴチルドレンとして生きていくためのスタートラインです。

そして、インディゴチルドレンとして生きていくためにはどうすべきなのか?

それを知ることで今よりもずっと生きやすくなっていきます。



インディゴチルドレンとして生きるために

インディゴチルドレンの特徴を知り、インディゴチルドレンとしての自覚が持てた後に訪れるのが、

では、どうやって生きていけばいいのか?

という疑問です。



ここまで読んでいるあなたなら分かると思いますが、そんなことを相談できる人も理解してくれる人も周りにはいなかったはずです。

なぜならば、インディゴチルドレンの存在は知られてからそれほど時間も経っていないため、存在すら知らない方が多いからです。

そのため、研究もあまり進んでいないのが現状です。

そのような状況の中でも、「ハイパーコンサルティングジャパン」の須藤裕司先生は、インディゴチルドレンの研究を長年されている第一人者。

須藤裕司先生の情報に触れることで、あなたの心の中には温かい救いの手が届くようになります。



インディゴチルドレンとして生きていくということは、普通の人生を生きるよりも生きづらさを感じることも多いでしょう。

だからこそ、須藤先生のような専門家の方が経験の中から見つけ出した、生きるためのエッセンスに触れておいてほしいのです。

最後に、須藤先生のネット書籍を紹介しておきます。

この情報が、インディゴチルドレンとして生きていくあなたの役に立つことを願うばかりです。

⇒須藤裕司先生のネット書籍はこちら




ページトップに戻る